ネットユーザの三大脅威はスパム、フィッシングメール、偽アンチウイルス(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

ネットユーザの三大脅威はスパム、フィッシングメール、偽アンチウイルス(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ネットユーザを対象にした調査結果から「スパム、フィッシングメール、偽アンチウイルスは、インターネットユーザが最も頻繁に遭遇する三大脅威である」と結論づけている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は7月3日、ロシアKasperskyが6月18日に公開したリリースの抄訳として、2月から3月にかけてHarris Interactive社のアナリストがアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの9,000人のユーザを対象に行った調査の結果を発表した。調査結果から、「スパム、フィッシングメール、偽アンチウイルスは、インターネットユーザが最も頻繁に遭遇する三大脅威である」と結論づけている。

調査結果によると、調査対象者の24%がコンピュータの「安全な状態に保つために」偽のアンチウイルス製品をインストールするように勧められた経験があると回答している。また、約3人に1人のユーザ(31%)が大量のスパムメールに悩まされており、メールはもうひとつの一般的な脅威であるとしている。さらに、銀行やサイト管理者と称してログインIDやパスワード、その他の個人情報を要求するメールは23%にも達し、ユーザの27%が疑わしい添付ファイルやリンク(あるいはSNS内の同様のメッセージ)を受け取っていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×