珍しいAutoCADワームがペルーから設計図を盗み中国に送信〜リバース・エンジニアリングがフォワード・エンジニアリングに取って代わられる(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

珍しいAutoCADワームがペルーから設計図を盗み中国に送信〜リバース・エンジニアリングがフォワード・エンジニアリングに取って代わられる(The Register)

同攻撃の裏にいる悪党たちは、拡散のためのドロップサイトとして中国のインターネット・リソースを使用していたが、必ずしも中国人だとは限らない。

国際 TheRegister
セキュリティ・ウォッチャーたちが、コンピューター支援設計(CAD)用のAutoCADソフトウェアで作成された図面を標的とするワームを発見した。

アンチ・ウイルス企業Esetによれば、何万もの図面が同マルウェアを使用して盗まれたが、これは産業スパイのために設計された可能性があるという。「ACAD/Medre.A」と呼ばれるこのワームはファイルを盗み、中国の電子メールアカウント宛てに送信する…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×