クローンの攻撃:研究者がSecureIDトークン・システムを破る〜しかしRSAはルートキット障害が起きたギアに有効なだけと主張 Part2(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

クローンの攻撃:研究者がSecureIDトークン・システムを破る〜しかしRSAはルートキット障害が起きたギアに有効なだけと主張 Part2(The Register)

FouladiはThe Registerに、同攻撃は「リモートで開始可能で、RSAが述べるように『完全に障害が起きたマシン』は必要としない」と語り、この判断に反論する。

国際 TheRegister
政府、スパイ、そして軍関係者:用心せよ

一般にこの調査は、トークンの保管と、特に二要素認証のセキュリティに対し、潜在的に重要な意味を持っている。

リモート・アクセスを保護するため、政府機関や軍事契約企業、多くの企業が同テクノロジーを使用している。その後の記事でFouladiは、自分が示した物は端末間攻撃でないことを明らかにした…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×