クローンの攻撃:研究者がSecureIDトークン・システムを破る〜しかしRSAはルートキット障害が起きたギアに有効なだけと主張 Part2(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.02(木)

クローンの攻撃:研究者がSecureIDトークン・システムを破る〜しかしRSAはルートキット障害が起きたギアに有効なだけと主張 Part2(The Register)

FouladiはThe Registerに、同攻撃は「リモートで開始可能で、RSAが述べるように『完全に障害が起きたマシン』は必要としない」と語り、この判断に反論する。

国際 TheRegister
政府、スパイ、そして軍関係者:用心せよ

一般にこの調査は、トークンの保管と、特に二要素認証のセキュリティに対し、潜在的に重要な意味を持っている。

リモート・アクセスを保護するため、政府機関や軍事契約企業、多くの企業が同テクノロジーを使用している。その後の記事でFouladiは、自分が示した物は端末間攻撃でないことを明らかにした…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×