ガス機器リースサービスの顧客情報約2千件を記載した契約書の紛失が判明(東京ガス、東京ガスリース) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

ガス機器リースサービスの顧客情報約2千件を記載した契約書の紛失が判明(東京ガス、東京ガスリース)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京ガス株式会社および東京ガスリース株式会社は6月12日、ガス機器のリースサービス「バリューリース」の顧客情報を記載した契約書を紛失したと発表した。これは6月8日15時頃、「バリューリース契約書セット」を収めた3箱の文書保存箱を、保管していた社内の書庫から契約先の長期保管倉庫へ運搬しようとした際に紛失が発覚したもの。

紛失したバリューリース契約書セットは、「バリューリース契約書」「個人情報取扱規程(個人情報の取扱に関する覚書)」「バリューリース確認書(契約条項について補足説明する資料)」の3点の書類で構成されており、1,987世帯、2,103名分の顧客情報(住所、氏名、電話番号、振替口座番号、リース料金など)が記載されていた。社内の書庫への不正な入室がなかったことなどから、誤って廃棄した可能性があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×