「LinkedIn」のパスワード漏えいを受け、アドバイスを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

「LinkedIn」のパスワード漏えいを受け、アドバイスを発表(マカフィー)

マカフィーは、「LinkedIn」のパスワード漏えい事件についてブログでアドバイスなどを発表している。

脆弱性と脅威 脅威動向
マカフィー株式会社は6月11日、「LinkedIn」のパスワード漏えい事件についてブログでアドバイスなどを発表している。これは6月6日、ノルウェーのサイト「DagensIT.no」が、ロシアのハッカーサイトに650万人分のLinkedInパスワードが掲載されたと伝えたもの。掲載されたのは暗号化されたままのパスワードのみであった。以降、LinkedInはパスワードを無効にする措置を取り、対象となる会員にパスワードを変更するようメールで促している。

マカフィーでは、LinkedInユーザへのアドバイスとして、以下の5点を呼びかけている。

・LinkedInへのログインはブラウザの新しいウィンドウで開く(メールからサイトにアクセスしない)。パスワードを複雑で、使用したことのないものに変える。パスワードは、毎月更新することを習慣づける。
・LinkedInに限らず、この機会にSNS、オンラインバンキングサイト、メールのプラットフォームといった認証を必要とするアカウントのパスワードも変更する。
・LinkedIn内で自身のネットワークをチェックし、知らない人物が増えていないかどうか確認する。
・LinkedInを騙ったフィッシングメールに注意する。
・PCに最新のセキュリティパッチが適用しているかどうか、またブラウザが保護されているかどうか確認する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×