「LinkedIn」のパスワード漏えいを受け、アドバイスを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

「LinkedIn」のパスワード漏えいを受け、アドバイスを発表(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は6月11日、「LinkedIn」のパスワード漏えい事件についてブログでアドバイスなどを発表している。これは6月6日、ノルウェーのサイト「DagensIT.no」が、ロシアのハッカーサイトに650万人分のLinkedInパスワードが掲載されたと伝えたもの。掲載されたのは暗号化されたままのパスワードのみであった。以降、LinkedInはパスワードを無効にする措置を取り、対象となる会員にパスワードを変更するようメールで促している。

マカフィーでは、LinkedInユーザへのアドバイスとして、以下の5点を呼びかけている。

・LinkedInへのログインはブラウザの新しいウィンドウで開く(メールからサイトにアクセスしない)。パスワードを複雑で、使用したことのないものに変える。パスワードは、毎月更新することを習慣づける。
・LinkedInに限らず、この機会にSNS、オンラインバンキングサイト、メールのプラットフォームといった認証を必要とするアカウントのパスワードも変更する。
・LinkedIn内で自身のネットワークをチェックし、知らない人物が増えていないかどうか確認する。
・LinkedInを騙ったフィッシングメールに注意する。
・PCに最新のセキュリティパッチが適用しているかどうか、またブラウザが保護されているかどうか確認する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×