2012年第1四半期、PC脅威の増加が顕著(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

2012年第1四半期、PC脅威の増加が顕著(マカフィー)

マカフィーは、同社のレポート「McAfee脅威レポート:2012年第1四半期」についてブログで解説している。

脆弱性と脅威 脅威動向
マカフィー株式会社は5月31日、同社のレポート「McAfee脅威レポート:2012年第1四半期」についてブログで解説している。これによると、2012年第1四半期はモバイルマルウェアが急増し、合計8,000件のサンプルが収集された。同四半期のPCを対象とするマルウェアの検出件数は、過去4年間で最大となった。マルウェアサンプルの収集件数は、前四半期の7,500万件から8,300万件へと増加している。

Macを対象とするマルウェアは、PCを対象とするマルウェアと比べるとはるかに少なく、Macを対象としたマルウェアの新規サンプルは約250件、Macのウイルスソフトを偽装したマルウェアの新規サンプルは約150件であった。全世界のスパムの水準は、3月の月間スパム数が1兆件をわずかに上回る程度まで減少したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×