約50名の個人情報を記録した会社所有のPCを、新幹線に置き忘れ紛失(カールツァイス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

約50名の個人情報を記録した会社所有のPCを、新幹線に置き忘れ紛失(カールツァイス)

カールツァイスジャパングループは、カールツァイスメディテックが所有する、個人情報を含むPCの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
カールツァイスジャパングループは5月11日、カールツァイスメディテック株式会社が所有する、個人情報を含むPCの紛失が判明したと発表した。これは5月8日、当該PCを国内移動中に利用した新幹線列車内に置き忘れたことが発覚したというもの。紛失したPCには、資料内で引用している個人情報(個人名のみ)約50名分が記録されていた。なお、PCには二重のパスワードロックを施しており、所有者以外の者は起動することができない状態にしてあるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×