Wikipediaで広告を閲覧?ならば感染しています〜クリック・詐欺師があなたの現金を搾り取る(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

Wikipediaで広告を閲覧?ならば感染しています〜クリック・詐欺師があなたの現金を搾り取る(The Register)

「我々はWikipediaで広告を掲載したことは一度も無い。Wikipediaは100万人以上の人々の寄付によって資金を得ており、平均的な寄付額は30ドル未満だ。我々は資金調達のお願いを通常、年末に行う。」

国際 TheRegister
Wikipediaを訪問した際、広告に遭遇したサーファーは、マルウェアに感染している可能性があると、同オンライン百科事典が警告している。

Wikipediaはその資金を得るのに寄付に頼っており、ページ内に広告を入れたいという誘惑と戦っている。よって同百科事典サイトを訪問した時に、インターネット・ユーザーが商業的な広告を見るとすれば、それはサイバー犯罪アフィリエイトを介して提供されたコンテンツだと、Wikipediaのブログ記事が説明している

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×