iOSが5.1.1にアップデート、複数の脆弱性に対応(米アップル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

iOSが5.1.1にアップデート、複数の脆弱性に対応(米アップル)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米アップルは7日、複数の脆弱性に対応した「iOS 5.1.1 Software Update」を公開した。

 ロケーションバーのアドレス詐称、クロスサイトスクリプティング、アプリケーションの強制終了、任意のコード実行などが行われる可能性があるもので、最新版にアップデートすることで修正される。

 そのほか、“画面をロック”ショートカットを使用して撮影される写真にHDRオプションを使用するときの信頼性向上、Safariブックマークとリーディングリストの同期の信頼性向上などが施されたほか、新しいiPadで2Gと3Gネットワークの切り替えができない問題、Messageで絵文字が正しく表示されない問題などが修正されたとのこと。

 アップデートには数十分程度の時間がかかるが、直接ダウンロードするほか、iPhone/iPod touch/iPadをPCに接続し、iTunes経由でダウンロード・適用することもできる。日本語版も公開中。

アップル、複数の脆弱性を解消したiOS最新版「iOS 5.1.1」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×