スマートデバイス向けセキュリティ管理サービスにウイルス対策を追加(富士通ビー・エス・シー、マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

スマートデバイス向けセキュリティ管理サービスにウイルス対策を追加(富士通ビー・エス・シー、マカフィー)

富士通ビー・エス・シーとマカフィーは、富士通ビー・エス・シーのスマートデバイス向けセキュリティ管理サービスのオプションメニューとして、マカフィーのモバイルデバイス用ウイルス対策ソフトウェアを提供することに合意した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士通ビー・エス・シーとマカフィー株式会社は5月7日、富士通ビー・エス・シーによるスマートデバイス向けセキュリティ管理サービス「FENCE-Mobile RemoteManager」のオプションメニューとして、マカフィーのモバイルデバイス用ウイルス対策ソフトウェアを提供することに合意したと発表した。2012年夏頃の提供開始を予定している。

従来のスマートデバイス端末一元管理サービスでは、マルウェア対策機能が搭載されていなかった。しかし本オプションメニューの追加で、端末やネットワークをさまざまな脅威から保護することができる。これにより富士通ビー・エス・シーのユーザは、モバイルデバイスをスキャンし、マルウェアから防御することが可能になるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×