5台に1台の割合でMacにWindowsマルウェアが潜在、他PCへ拡散の可能性も(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

5台に1台の割合でMacにWindowsマルウェアが潜在、他PCへ拡散の可能性も(ソフォス)

ソフォスは、Macのマルウェアに関する独自調査の結果を発表した。本調査は、同社が無料提供しているウイルス対策ソフトウェアをインストールしている10万台のMacコンピュータの7日間分のスナップショットを分析したもの。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ソフォス株式会社は4月24日、Macのマルウェアに関する独自調査の結果を発表した。本調査は、同社が無料提供しているウイルス対策ソフトウェア「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」をインストールしている10万台のMacコンピュータの7日間分のスナップショットを同社アナリストが分析したもの。この結果、5台に1台の割合でMacにWindowsマルウェアが潜在していることが明らかになった。

Windowsマルウェアは、ユーザがMac上でWindowsを実行していない限り、Macで活動をすることはない。しかし、他のコンピュータへ拡散する恐れがあると指摘している。検出されたWindowsマルウェアの上位は「Mal/Bredo(12.2%)」「Mal/Phish(7.4%)」「Mal/FakeAV(3.8%)」となっている。またアナリストは、全体の2.7%(36台に1台)のMac PCにMac OS Xマルウェアが入りこんでいることも確認している。 Mac PCで検出されたMac OS Xマルウェアの上位は、「OSX/Flshplyr(75.1%)」「OSX/FakeAV(17.8%)」「OSX/RSPlug(5.5%)」となっており、全世界で60万台以上のMacが感染し最近話題になったトロイの木馬「Flashback botnet」や、クレジットカード情報を狙う偽のウイルス対策ソフトを装った攻撃が占めていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×