中国のアプリ・ストアが悪意あるアプリをホスティング~政府がセキュリティへの努力が足りないとキャリアを非難(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

中国のアプリ・ストアが悪意あるアプリをホスティング~政府がセキュリティへの努力が足りないとキャリアを非難(The Register)

同国の携帯電話契約者数は現在10億を上回っており、競争の先頭を切っているのはAndroidであるため、サイバー犯罪者が当面、悪意あるアプリにより同OSを標的とすることは確実だ。

国際 TheRegister
移動体通信事業者China MobileおよびChina Telecomが運営するアプリケーション・ストアでセキュリティ脆弱性が発見され、中国の当局が懸念を表明した。

地方新聞Guangzhou Dailyは、(Sina Techを介して)工業情報化部(MIIT)によれば、移動体通信事業者の全体的なネットワーク・セキュリティが、98パーセントという見事なコンプライアンス・レートに達していると報じた。

しかし伝えられるところによれば、副長官Xiong Sihaoは合わせておよそ80パーセントのマーケット・シェアを持つChina MobileとChina Telecomのアプリ・ストアには「多くの問題」があると…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×