2011年後期のDDoS攻撃は前期比57%増加、ただし大規模ボットネットは減少(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

2011年後期のDDoS攻撃は前期比57%増加、ただし大規模ボットネットは減少(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は3月30日、ロシアKasperskyが2月22日に公開したリリースの抄訳として、2011年後期のDDoS攻撃について発表した。Kaspersky Labのボットネット監視システムおよびKaspersky DDoS防止システムのデータによると、もっとも強力な攻撃は2011年前期と比較して20%も強くなっており、毎秒600Mbitに上った。2011年後期における平均的な攻撃は毎秒110Mbitで、前期と比べて57%増加した。

また攻撃は、大量のトラフィックを使用する従来型のDDoS攻撃から、攻撃対象のサーバ上のリソースを大量に消費することにつながる攻撃へとシフトしている。このような方法では、大規模ボットネットを使わずに最少の労力で効果的にDDoS攻撃を実行することが可能になる。事実、2012年は大きなDDoSボットネットが発見されておらず、主に中規模のボットネットが検出されている。これらは平均的なWebサイトを停止させる十分な力を持っており、今後このようなボットネットがより多くなるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×