リモートデスクトップの解放済みメモリ使用の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2021.01.20(水)

リモートデスクトップの解放済みメモリ使用の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、リモートデスクトップにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(MS12-020)(CVE-2012-0002)に関する検証レポートを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
NTTデータ先端技術株式会社は3月23日、リモートデスクトップにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(MS12-020)(CVE-2012-0002)に関する検証レポートを公開した。本脆弱性は、リモートデスクトップで利用されるプロトコル(RDP)において、細工されたRDPパケットを処理する際に、メモリ内の初期化されていないオブジェクト、またはメモリより削除されたオブジェクトへアクセスすることにより発生するもの。

この脆弱性により、リモートからローカルユーザと同じ権限で任意のコードを実行される危険性がある。なお、リモートデスクトップはデフォルトで無効化されている。同社では今回、この脆弱性の再現性について検証した。検証は、Windows XPを検証ターゲットシステムとして実施した。検証は、ターゲットシステム上で、細工したRDPパケットを送信することでBSOD(Blue Screen of Death)を引き起こすことを試みた。その結果、攻撃後のターゲットのシステム画面からターゲットシステムのクラッシュ(強制終了)に成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×