2011年の大きな変化はマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場(ブルーコート) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

2011年の大きな変化はマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場(ブルーコート)

脆弱性と脅威 脅威動向

ブルーコートシステムズ合同会社(ブルーコート)は3月16日、「2012年度版ブルーコートWebセキュリティレポート」(日本語版)を発表した。本レポートは、昨年起こった悪意のあるWeb攻撃とそのトレンドを分析するとともに、企業が安全性を保つための手法を紹介するもの。2011年の脅威における重要な変化は、動的なWebベースの攻撃を行うことを目的とするマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場としている。

単独の攻撃よりも長期に及ぶマルネットの複雑なインフラにより、悪意あるWebサイトの数は前年比240%も増加し、今年想定される新たな攻撃の3分の2を占めると予測される。同社のセキュリティラボは、2011年初めにこのような悪意あるネットワークの存在を発見したという。レポートではこのほか、ボットネットやAPT攻撃、モバイルにおける新たな脅威なども解説している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×