米国のスマホの次世代高速通信対応、1年で6%から35%に拡大(NPDグループ) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

米国のスマホの次世代高速通信対応、1年で6%から35%に拡大(NPDグループ)

 市場調査などを行うNPDグループは13日(現地時間)、米国のスマートフォンの次世代高速通信への対応に関する調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 市場調査などを行うNPDグループは13日(現地時間)、米国のスマートフォンの次世代高速通信への対応に関する調査結果を発表した。その結果、2011年の第4四半期に販売されたスマートフォンのうち、35%が次世代高速通信に対応したモデルだったことがわかった。

 この調査では、LTEだけでなくWiMAXやHSPA+なども対象に含まれている。2010年第4四半期には高速通信対応のスマートフォンはわずか6%しかなかったが、1年でジャンプアップした。高速通信サービスでもっとも人気があったのはAT&TとT-Mobileが提供するHSPA+で全体の22%。また、高速通信対応スマートフォンでもっとも台数が多かったのはiPhone 4Sという結果になった。

 LTEの普及状況については、スマートフォン全体の7%を占めた。LTE対応のスマートフォンでもっとも台数が多かったのはHTC ThunderBoltという結果に。また、WiMAXは全体の6%で、もっとも台数が多かったのはHTC EVOと、ここでもHTCがトップになった。

米国、販売されたスマホの35%が次世代高速通信に対応……2011年第4四半期、NPDグループ調べ

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×