Webサーバのモジュールとして動作する、シンプル操作のホスト型WAFを発売(JP-Secure) | ScanNetSecurity
2021.04.15(木)

Webサーバのモジュールとして動作する、シンプル操作のホスト型WAFを発売(JP-Secure)

JP-Secureは、ホスト型のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の新製品「SiteGuard Lite」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は2月29日、ホスト型のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の新製品「SiteGuard Lite」の販売を開始したと発表した。サポートサービスを含む1ライセンス初年度の年額は252,000円。本製品は、「SiteGuard」のトラステッド・シグネチャ検査機能を踏襲し、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといったリスクの高い攻撃を重点的に防御する、シンプルなホスト型のWAF製品。

トラステッド・シグネチャの自動更新を使用することで、ユーザ側で煩雑なチューニングを行うことなく、常に最新の脅威に対応する。また、検査対象の除外や独自の防御ルール作成など、個別の要件にも柔軟に対応できるカスタム・シグネチャ検査機能を搭載している。さらに、Webサーバのモジュールとして動作するため専用ハードウェアを必要とせず、ネットワーク構成を変更することなく導入できることも特徴。VMwareなどの仮想環境やクラウドサービス上でも利用可能だ。すべての設定は直観的なWebインタフェース上で実現でき、攻撃検出時には管理者にメールで通知するアラート機能を搭載するとともに、アクセス元に対してはエラーレスポンスを送信する機能も搭載した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×