NTT社長がNTTドコモの通信障害を謝罪 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

NTT社長がNTTドコモの通信障害を謝罪

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 NTT代表取締役社長の三浦惺氏は、16日にNTT武蔵野研究開発センタで開催された「NTT R&Dフォーラム 2012」で基調講演に登壇し、NTTドコモの通信障害に触れた。

 NTTドコモは先月26日、相次ぐ通信障害について総務省から指導を受けた。これを受けて同社はネットワーク基盤高度化など対策を公開している。講演冒頭、三浦社長は「昨年来数度にわたってドコモで通信障害を起こしてまった。本知に申し訳ない。現在社長が対策本部長として具体的な対策に努めている。今月中には、全国すべてのパケット交換機もチェックを終わる予定だ。我々もサポートできるところはサポートしていき、万全を期したい」とあいさつした。

 通信障害ではKDDIも総務省から行政指導を受けており、キャリアの相次ぐ大規模障害が問題視されている。

「本当に申し訳ない」……NTT三浦社長、講演冒頭でドコモの通信障害に言及

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×