フォレンジック・ビジネスがApple FileVaultを1時間未満でクラック〜Passware、Lionの腹をひっかいてディスクに侵入(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

フォレンジック・ビジネスがApple FileVaultを1時間未満でクラック〜Passware、Lionの腹をひっかいてディスクに侵入(The Register)

あるコンピュータ・フォレンジック会社によれば、AppleのFileVaultディスク暗号化は、1時間未満で回避することができるという。

国際 TheRegister
あるコンピュータ・フォレンジック会社によれば、AppleのFileVaultディスク暗号化は、1時間未満で回避することができるという。

Passwareは、同社の最新ツールキット(Passware Kit Forensic v11.3)が、TrueCryptを使って暗号化されたボリュームもアンロックできると主張している。TrueCryptは、プライバシー意識の高いコンピュータ・ユーザーや人権保護活動家などの選択肢として、PGPと共に評価されているディスク暗号化ソフトウェアだ。

伝えられるところでは、PasswareのテクノロジーはMacのメモリ内のコンテンツを、暗号化キーを抽出する以前に、Firewireインターフェースを介してキャプチャできるという。同社ソフトウェアには以前、Macのパスワードを抽出する機能のほか、Windowsの最近のバージョンに組み込まれているBitLocker暗号化をバイパスする機能が含まれていた。

同テクノロジーを使用してMac OS X LionのFileVault暗号化をクラッキングするには、ターゲットとなるマシンへの物理的なアクセスと使用できるFireWireポートが必要だ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×