「ベビカム」に不正アクセス、17万件以上の会員情報が漏えい(デジタルブティック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

「ベビカム」に不正アクセス、17万件以上の会員情報が漏えい(デジタルブティック)

デジタルブティックは、同社が運営する妊娠、出産、育児支援サイト「ベビカム」において、外部からの不正アクセスにより会員情報の一部が参照可能な状態にあったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社デジタルブティックは2月9日、同社が運営する妊娠、出産、育児支援サイト「ベビカム」において、外部からの不正アクセスにより会員情報の一部が参照可能な状態にあったことが判明したと発表した。同社では直ちに原因究明と対応に着手し、すでに外部からの同様のアクセスを遮断する対策は完了しているという。

本事象は2月7日19時頃に発生を確認したもので、2月3日より断続的に海外(中国)から同サイトの脆弱性を狙った攻撃があり、特殊な不正アクセスによりデータベースから会員登録情報の一部を取り出すことができる状態であったことを確認したという。漏えいした会員情報は171,518件で、「メールアドレス(PCメールアドレス欄のもの)」「ログインパスワード」「生年月日(未入力の方は空欄)」が含まれていた。なお、現時点では二次被害は確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×