エフセキュアがコンテンツクラウド事業に参入、ISP・通信事業者向けに提供(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

エフセキュアがコンテンツクラウド事業に参入、ISP・通信事業者向けに提供(エフセキュア)

エフセキュアは、独自開発した「コンテンツクラウドプラットフォーム」によるパーソナルクラウド ソリューション「F-Secure Contents Anywhere」をISP・通信事業者向けに提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は2月8日、同社が独自開発した「コンテンツクラウドプラットフォーム」によるパーソナルクラウド ソリューション「F-Secure Contents Anywhere」をISP・通信事業者向けに提供を開始すると発表した。これにより、同社がこれまで培ってきたセキュリティ事業の軌跡と実績が、コンテンツクラウド事業へと発展する。

本ソリューションは、個人の写真や動画などのデジタルコンテンツをクラウド上で同期するもの。コンテンツクラウドプラットフォームにより、ISP・通信事業者はエンドユーザに複数の端末をつなぐためのユーザインタフェースとパーソナルクラウドを提供することが可能となる。これにより、PCやタブレット、スマートフォンやデジタルテレビなど、端末にかかわらずいつでもどこでも簡単にデジタルコンテンツを保存、同期、共有することが可能になるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×