セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

セキュリティインシデント管理プラットフォームの新版、仮想化環境に対応(EMCジャパン)

EMCジャパンは、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は1月30日、セキュリティインシデント管理プラットフォームである「RSA enVision」の最新バージョン「enVision 4.1」を同日より販売開始すると発表した。また、全シリーズについて価格を下げる価格改定を実施する。同製品は、情報インフラを構成するさまざまなシステムやアプリケーションのログを収集、圧縮した上で保存し、一元的に統合管理するアプライアンス。

新バージョンでは、仮想化環境下での運用をサポートし、管理性を向上した。また、収集データのエクスポートが容易になったことで、サードパーティ製のデータベースやレポーティングツールとの親和性が向上、データの運用性を高めた。価格改定では、幅広い活用を促進するために製品価格を従来から約30%から50%下げ、より導入しやすい価格に改定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×