Google+が年齢制限を緩和、18歳から13歳に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

Google+が年齢制限を緩和、18歳から13歳に

 米Googleは26日(現地時間)、同社のソーシャルネットワークサービスGoogle+の年齢制限を緩和したと発表した。今後は13歳以上なら誰でも参加できる。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Googleは26日(現地時間)、同社のソーシャルネットワークサービスGoogle+の年齢制限を緩和したと発表した。今後は13歳以上なら誰でも参加できる。

 Google+は昨年6月にサービスをスタートしたが、参加できるのは18歳以上であることが条件だった。今後は一部の国を除いて13歳から参加できる。最大のライバルであるFacebookも参加できるのは13歳以上で、これで同条件となった。

 今回の発表は製品担当バイスプレジデント兼Google+事業の共同リーダーであるブラッドリー・ホロウィッツ氏によって行われた。ホロウィッツ氏は、ほかのソーシャルネットワークでは10代のユーザーにとって過剰な情報の共有が起きかねないが、Google+では適切なサークルを作成することで、10代にふさわしい情報だけを共有できるとして、Facebookに対しての優位性を強調した。
《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×