スパマーがQRコードを使ったジャンクメールを介してモバイルを狙う〜究極のURL難読化ツール(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

スパマーがQRコードを使ったジャンクメールを介してモバイルを狙う〜究極のURL難読化ツール(The Register)

「これは、従来のスパマーがモバイル・テクノロジーを標的とし始めたという、明らかな動きであり進化だ。」

国際 TheRegister
セキュリティ研究者たちが、クイックレスポンスコード(QRコード)を埋め込み、URLを示すスパムメールを発見した。

QRコードは二次元のマトリックス・バーコードで、カメラ付き携帯電話を使用してスキャンすることで、悪意があるにせよ無いにせよ、あらゆるタイプのコンテンツをホスティング可能なWebサイトへとユーザーを直接導くことができる。スパム広告サイトへの足がかりとして(リンクよりもむしろ)QRコードを使用することにより、スパマーはクリックレートを改善できるだけでなく、リンクの最終目的地を偽装できる。特にモバイル・ユーザーをターゲットとする場合、同アプローチは役に立つ。

Websenseが発見したスパム・メッセージは、従来の製薬関連スパム・メールのように見えるが、正規の(しかしこの場合は悪用された)Webサイト2tag.nlにリンクするよう工夫されている。正規のWebサービスでは、ユーザーはURLをQRコードにできるが、このケースでは悪用され、最終的にCanadian Pharmacyのペニス・ピル・サイトに導くリンクを作成している。

詐欺の方法はこうだ。スパムを受けとったユーザーが、ブラウザで信頼のおけるURLをロードすると、QRコードが現れる。そのQRコードをQRリーダーでスキャンすると、ブラウザに製薬スパムのURLがロードされるのだ。

QRコード・モバイル・スパムという策略を最初に警告したネットセキュリティ企業Websenseによれば、QRコードは「究極のURL難読化ツール」を提供するため、モバイル・マルウェア拡散の次のステップとなり得る。

Websense Security Labsのセキュリティ研究者Elad Sharfは、次のようにコメントした…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×