スパマーがQRコードを使ったジャンクメールを介してモバイルを狙う〜究極のURL難読化ツール(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

スパマーがQRコードを使ったジャンクメールを介してモバイルを狙う〜究極のURL難読化ツール(The Register)

国際 TheRegister

セキュリティ研究者たちが、クイックレスポンスコード(QRコード)を埋め込み、URLを示すスパムメールを発見した。

QRコードは二次元のマトリックス・バーコードで、カメラ付き携帯電話を使用してスキャンすることで、悪意があるにせよ無いにせよ、あらゆるタイプのコンテンツをホスティング可能なWebサイトへとユーザーを直接導くことができる。スパム広告サイトへの足がかりとして(リンクよりもむしろ)QRコードを使用することにより、スパマーはクリックレートを改善できるだけでなく、リンクの最終目的地を偽装できる。特にモバイル・ユーザーをターゲットとする場合、同アプローチは役に立つ。

Websenseが発見したスパム・メッセージは、従来の製薬関連スパム・メールのように見えるが、正規の(しかしこの場合は悪用された)Webサイト2tag.nlにリンクするよう工夫されている。正規のWebサービスでは、ユーザーはURLをQRコードにできるが、このケースでは悪用され、最終的にCanadian Pharmacyのペニス・ピル・サイトに導くリンクを作成している。

詐欺の方法はこうだ。スパムを受けとったユーザーが、ブラウザで信頼のおけるURLをロードすると、QRコードが現れる。そのQRコードをQRリーダーでスキャンすると、ブラウザに製薬スパムのURLがロードされるのだ。

QRコード・モバイル・スパムという策略を最初に警告したネットセキュリティ企業Websenseによれば、QRコードは「究極のURL難読化ツール」を提供するため、モバイル・マルウェア拡散の次のステップとなり得る。

Websense Security Labsのセキュリティ研究者Elad Sharfは、次のようにコメントした…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×