Wikipediaが24時間にわたってサービス停止、SOPA法案への抗議 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Wikipediaが24時間にわたってサービス停止、SOPA法案への抗議

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米Wikipediaは16日(現地時間)、アメリカのSOPA、PIPA法案に抗議するため、世界中の英語バージョンのWikipediaを24時間にわたってサービス停止すると発表した。停止は18日深夜零時(現地時間)から。

 SOPA、PIPAの両法案は、アメリカで審議中の著作権保護に関する法案。その内容は著作権者にとってあまりに有利であり、米国映画協会(MPAA)、米国レコード協会(RIAA)などコンテンツホルダーは支援しているが、表現の自由を制限するものとして反対の声が大きい。

 とくにインターネット関連企業はそのほとんどが両法案に猛烈に反対している。SOPA法案は当初、昨年中に可決するかどうかの投票が行われる予定だったが、反対意見が大きく混乱が予想されることから投票が延期された経緯がある。

 Wikipediaは反対派の中でもとくに積極的で、抗議のためのサービス停止を以前からほのめかしてきた。また、すでに100を超える様々な企業、ウェブサイトがWikipediaと同様に抗議のためのサービス停止を実施することを表明している。

 両方案に対してホワイトハウスも公式ブログで支持しない旨を発表している。そのため両法案は廃案になるか、あるいは大幅に内容を変更する可能性が極めて大きくなっている。

Wikipediaが24時間にわたってサービス停止!SOPA法案への抗議として

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×