Xbox LIVEアカウントハック被害者が公式サイトの脆弱性を指摘 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

Xbox LIVEアカウントハック被害者が公式サイトの脆弱性を指摘

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

規模は不明ながら一部ユーザーの間で被害報告が出ており、Microsoftからは「セキュリティー上の侵害はない」と声明が発表されているXbox LIVEのアカウントハック問題。自身もアカウントハックの被害に遭い、8,000マイクロソフトポイントを不正購入されたという海外ユーザーのJason Couteeさんが、Windows LIVE IDのログイン仕様に脆弱性があったと指摘しています。

それによると、現在Xbox.comなど公式サイトのWindows LIVE IDログイン画面は、それが実際に登録済みのメールアドレスかをエラーメッセージで確認できる上に、CAPTCHA(キャプチャコード)の入力を回避して複数回連続でパスワード入力を行える仕様のため、手馴れたハッカーなら他人のアカウントを盗むのはたやすいのではないか、とのこと。

Couteeさんは、ハッカーが不作為に集めたゲーマータグのリストを作成し、それらをGoogle検索にかけ、FacebookやTwitter等のサイトに掲載された情報からEメールアドレスを割り出していると指摘。そのようにして手に入れたメールアドレスをXbox.comのログイン画面に入力しパスワードクラックを試みる流れのようです。

この問題をMicrosoftに伝えようとCouteeさんはサポートに電話やメールで問い合わせたそうですが、別の担当者や公式フォーラムを案内されるなどたらい回しで取り合ってもらえなかったのだとか。

尚、この件を「Xbox.comのループホール」と報じた1UPに対し、Microsoftから否定の声明が発表。Xbox LIVEサービスにセキュリティー上の侵害がないことは以前と変わらず、新手の脅威からXbox LIVEを守るべく日々対策を講じているとのこと。また、パスワード総当たり攻撃などは業界全体の問題であるとし、自分の個人情報をネット上に投稿したり、複数のサービス間で同じパスワードを流用することのないよう注意を促しています。
《Game*Spark@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

    12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  2. 「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

    「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

  3. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

    脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  4. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  5. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  6. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  7. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  8. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  9. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  10. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×