チャージャーにパスワードを保存するAppleの特許~ログインを忘れた? 電源アダプタが機密を漏らす(The Register) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

チャージャーにパスワードを保存するAppleの特許~ログインを忘れた? 電源アダプタが機密を漏らす(The Register)

しかし、Appleが認めているように、このアプローチはデバイスが通常、チャージャーと一緒に持ち歩いていない場合に制限される。そしてクパチーノの製品のほとんど全ては、チャージャーと共に持ち歩く必要がある。

国際 TheRegister
Appleが、失念したパスワードをユーザーが取り戻す助けとなる、電源アダプタに関する特許を申請した。

このシステムは、ログイン情報を電源装置のメモリチップに、秘密を解くための鍵をコンピューターもしくはサーバに保存することで動作する。

書類には、鍵として独自のID番号を使用し、コンピューターユーザーのログイン・パスワードを暗号化するというシナリオが書かれている。暗号化されたパスワードは、接続する電源アダプタのメモリーチップに機密として保存され、ID番号はコンピューターに保存される。ユーザーが自分のパスワードを忘れたら、アダプターを差し込むと、コンピューターが暗号化された機密を読み取り、ID番号を使用してそれを解読し、コンピューターのログインシステムにこれを手渡す。するとあら不思議、パスワードが取り戻せた、というわけだ。

このアプローチは、記憶したり、リセットするのが面倒だからという理由で、ユーザーに弱いパスワードを選ぶことを奨励する、従来のパスワード回復技術に代わるものと位置づけられている。Appleのシステムでは、パスワードはできる限り複雑にすることができる。リカバーは、電源アダプタを差し込むだけで済むからだ。

しかし、Appleが認めているように、このアプローチは…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×