チャージャーにパスワードを保存するAppleの特許~ログインを忘れた? 電源アダプタが機密を漏らす(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

チャージャーにパスワードを保存するAppleの特許~ログインを忘れた? 電源アダプタが機密を漏らす(The Register)

国際 TheRegister

Appleが、失念したパスワードをユーザーが取り戻す助けとなる、電源アダプタに関する特許を申請した。

このシステムは、ログイン情報を電源装置のメモリチップに、秘密を解くための鍵をコンピューターもしくはサーバに保存することで動作する。

書類には、鍵として独自のID番号を使用し、コンピューターユーザーのログイン・パスワードを暗号化するというシナリオが書かれている。暗号化されたパスワードは、接続する電源アダプタのメモリーチップに機密として保存され、ID番号はコンピューターに保存される。ユーザーが自分のパスワードを忘れたら、アダプターを差し込むと、コンピューターが暗号化された機密を読み取り、ID番号を使用してそれを解読し、コンピューターのログインシステムにこれを手渡す。するとあら不思議、パスワードが取り戻せた、というわけだ。

このアプローチは、記憶したり、リセットするのが面倒だからという理由で、ユーザーに弱いパスワードを選ぶことを奨励する、従来のパスワード回復技術に代わるものと位置づけられている。Appleのシステムでは、パスワードはできる限り複雑にすることができる。リカバーは、電源アダプタを差し込むだけで済むからだ。

しかし、Appleが認めているように、このアプローチは…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×