シマンテックがソースコードの窃盗を重要視せず~インドのハッカーが5年前のNortonのコードをポスト(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

シマンテックがソースコードの窃盗を重要視せず~インドのハッカーが5年前のNortonのコードをポスト(The Register)

国際 TheRegister

Symantecが、以前のバージョンのアンチウイルスソフトのソース・コードがリークしたことを認めた。同社によれば、Symantecではなく、「サードパーティ企業」のネットワークに対するセキュリティ侵害の結果だという。

ハッキングを認めたのは、同社の主要製品Nortonアンチウイルス・プログラムで使用されたソースコードにアクセスしたという、インドのハッキング・グループによる主張を受けてのことだ。The Lords of Dharmarajaは、業界最大手の情報セキュリティ企業の機密であるソースコードを、公に開示すると脅迫している。

一方、同グループはPastebin上でAPIインターフェース関連のドキュメントを公開した。さらに同グループは、SymantecのNorton Anti-Virusソフトウェアの2006年版とおぼしきものに関連するソースコードを、地元のジャーナリストたちと共有している。

同グループのスポークスマンを務める、「Yama Tough」を自称するハッカーは、同ソースコードはインド政府のセキュアでないサーバから引き出されたと主張しており、Symantec(そしておそらく他のソフトウェア企業)が、インド当局にソースコードを供給するよう要求された可能性を示唆している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×