次世代IPS基準を満たすネットワークセキュリティフレームワークを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

次世代IPS基準を満たすネットワークセキュリティフレームワークを発表(マカフィー)

マカフィーは、高度なネットワーク不正侵入対策と次世代のコントロールを統合するネットワークセキュリティフレームワークを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は12月12日、高度なネットワーク不正侵入対策と次世代のコントロールを統合するネットワークセキュリティフレームワークを発表した。本ソリューションにより、徹底した情報収集と自動化により攻撃を阻止、解決するますます高度化する攻撃を防ぐことが可能となる。また、「McAfee Network Security Platform 7」が組み込まれ、2011年10月7日に発行されたガートナー社のレポート「次世代のネットワーク不正侵入対策の定義」に書かれている「次世代のネットワークIPS」の基準を満たすものとなっている。

ネットワークセキュリティフレームワークでは、新しいDoS/DDoS対策機能、動作が不審なシステムをより正確に、確実に識別するための多数の新しいボットヒューリスティック機能が組み込まれたネットワークIPS、アプリケーション認識・管理機能、Global Threat Intelligenceなどが組み込まれ、複数のソースのデータを関連づけ、確実に攻撃を特定、誤検出をなくし、ダイナミックなセキュリティ施行の提言を行うことが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×