豪州の公共交通機関で見つかった遺失物USBメモリ、3分の2がマルウェア感染(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

豪州の公共交通機関で見つかった遺失物USBメモリ、3分の2がマルウェア感染(ソフォス)

シドニーの公共交通機関「RailCorp」が実施した遺失物の販売イベントで購入した50個のUSBメモリを検証した結果、3分の2がマルウェアに感染していた。

脆弱性と脅威 脅威動向
ソフォス株式会社は12月7日、遺失物のUSBメモリを調査した結果を受けて、USBメモリの取り扱いついて注意喚起を発表した。これは同社のオーストラリアオフィスが、シドニーの公共交通機関である「RailCorp」が実施した遺失物の販売イベントに参加し、50個のUSBメモリを購入。そのUSBメモリを検証した結果、USBメモリの3分の2がマルウェアに感染しており、前の所有者の家族、友人、同僚に関する多くの情報が保存されていた。

これらのUSBメモリは保護されておらず、税金関係の書類、学校や大学の課題、プロジェクト関連のAutoCADの図面、家族や友人の写真アルバム、そしてソフトウェアやWebのソースコードなどがファイルとして含まれていた。同社の上級テクノロジーコンサルタントであるグラハム・クルーリー氏は「オーストラリアの通勤者や通学者はUSBメモリを紛失しているだけでなく、マルウェアも持ち運んでいた。しかもセキュリティに注意していないためIDや個人情報を盗まれる危険性もある。ユーザは脅威について正しく認識し、適切な予防措置を講ずることが必要」と述べている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×