標的型攻撃対策として「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策を提唱(ネットワールド、ハンドリームネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

標的型攻撃対策として「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策を提唱(ネットワールド、ハンドリームネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットワールドと韓国ハンドリームネットの日本法人であるハンドリームネット株式会社は12月8日、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃にどう対策するかという課題に対して、従来の総合セキュリティ対策において欠落していた「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策の重要性を呼びかけ、被害を最小限にとどめることができるセキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の販売を強化すると発表した。

SGシリーズは、クライアントが直接接続されるL2スイッチに、ハンドリームネットが独自開発したASICのセキュリティチップを搭載、ウイルスの感染活動に特徴的な通信の振る舞いを瞬時に検知し、疑わしいクライアントを自動的に遮断する。これによりLAN内のウィスル拡散、必要のない有害トラフィック、感染したクライアント経由での情報漏えい対策が可能となる。両社は販売強化の一環として、顧客のLAN環境にテスト導入し、対策の効果を評価、導入・運用のし易さを実感してもらうことを目的に、無料貸し出し機の提供を積極的に行っていくという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×