標的型攻撃対策として「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策を提唱(ネットワールド、ハンドリームネット) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

標的型攻撃対策として「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策を提唱(ネットワールド、ハンドリームネット)

ネットワールドとハンドリームネットは、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃に対して「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策の重要性を呼びかけている。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ネットワールドと韓国ハンドリームネットの日本法人であるハンドリームネット株式会社は12月8日、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃にどう対策するかという課題に対して、従来の総合セキュリティ対策において欠落していた「アクセスネットワーク」のセキュリティ対策の重要性を呼びかけ、被害を最小限にとどめることができるセキュリティLANスイッチ「SGシリーズ」の販売を強化すると発表した。

SGシリーズは、クライアントが直接接続されるL2スイッチに、ハンドリームネットが独自開発したASICのセキュリティチップを搭載、ウイルスの感染活動に特徴的な通信の振る舞いを瞬時に検知し、疑わしいクライアントを自動的に遮断する。これによりLAN内のウィスル拡散、必要のない有害トラフィック、感染したクライアント経由での情報漏えい対策が可能となる。両社は販売強化の一環として、顧客のLAN環境にテスト導入し、対策の効果を評価、導入・運用のし易さを実感してもらうことを目的に、無料貸し出し機の提供を積極的に行っていくという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×