標的型メールによる「攻撃被害シミュレーション」を提供開始(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2020.10.01(木)

標的型メールによる「攻撃被害シミュレーション」を提供開始(NRIセキュア)

NRIセキュアは、企業の情報セキュリティ対策検討の支援を目的に「標的型メール攻撃被害シミュレーション」の提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は11月30日、「標的型メール攻撃被害シミュレーション」の提供を開始すると発表した。本サービスは、企業などを狙った標的型メール攻撃に対し、多くの企業が自社が攻撃される不安をかかえていることを受け、提供するもの。「ヒト」と「システム」の両面のセキュリティ耐性を可視化し、企業の情報セキュリティ対策の検討を支援することを目的としている。

攻撃が成立するきっかけとなる社員に対し、標的型メール攻撃を想定した演習メールを送付し、どれだけの社員がメールに添付されたファイルを開いたのかを集計する。その後、標的型メール攻撃に関する脅威や攻撃手法についての研修を対象社員に実施し、1か月程度期間を空けた後で再度演習メールを送付して演習や研修の効果を確認する。また、マルウェア感染後の侵害シミュレーションも実施する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×