日本初となるプリペイドカード方式の個人向けセキュリティソフトを発売(マカフィー) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

日本初となるプリペイドカード方式の個人向けセキュリティソフトを発売(マカフィー)

マカフィーは、インコム・ジャパンが提供するPOSA技術を活用した、日本初となるプリペイドカード方式の個人向けセキュリティソフトを発売する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は11月29日、インコム・ジャパン株式会社が提供するPOSA技術を活用した、日本初となるプリペイドカード方式の個人向けセキュリティソフト「マカフィー アンチウイルス プラス POSA版」を同日より発売すると発表した。同カードはインコムのPOSAが導入されている全国の小売店各社にて順次販売を開始する。価格は3,980円(1年1ユーザ)。

本製品は、セキュリティソフトをインストール可能な日本初となるプリペイドカード。カードに印刷されている番号を入力することで「マカフィー アンチウイルス プラス(1年1ユーザ)」をダウンロードし、常に最新のセキュリティソフトをインストールすることが可能となる。通常プリペイドカード類の販売には、仕入れや在庫リスク、金券類の管理負荷といった多くの負担が発生するが、インコムのPOSA技術を導入しているコンビニエンスストアをはじめとした流通各社は、これらのカードを在庫リスクなく販売することが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×