富士通のサーバにDDoS攻撃、全国約200の自治体でサービス障害が発生 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

富士通のサーバにDDoS攻撃、全国約200の自治体でサービス障害が発生

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

複数のメディア発表によると、富士通株式会社は11月10日、福島県や島根県、山口県、福岡県、鹿児島県をはじめとする約200の自治体が利用している富士通のサーバがDDoS攻撃を受け、サービスに障害が発生したことを明らかにした。

富士通によると、DDoS攻撃の発生は11月9日14時頃からだったという。サーバに接続しづらい状態が続いたため、同日19時30分頃にアクセス元IPアドレスからの接続を禁止し、10日1時にはサービスを再開した。

しかし、10日2時から3時にかけて別のIPアドレスからDDoS攻撃が発生したとしている。同サーバでは、住民向けに情報公開請求やインターネット手続きサービスを提供しているが、10日未明には復旧した。富士通ではサイバー攻撃として詳細な調査を開始している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×