Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバに起因する Null ポインタデリファレンスの脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバに起因する Null ポインタデリファレンスの脆弱性(Scan Tech Report)

1.概要

脆弱性と脅威 エクスプロイト
1.概要
Microsoft Windows の Win32k カーネルモードドライバに Null ポインタデリファレンスが発生する脆弱性が報告されました。

システムにアクセス可能なローカルの悪意あるユーザに利用された場合、ブルースクリーンを発生させ、システムを不正に停止される、あるいは管理者権限を取得され、本来許可されていない操作が実行される可能性があります。

脆弱性を悪用された場合の影響度が高いため、対象のユーザは可能な限り以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
7.2
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2011-1985&vector=%28AV%3AL/AC%3AL/Au%3AN/C%3AC/I%3AC/A%3AC%29


3.影響を受けるソフトウェア
サポートされる全ての Microsoft Windows OS


4.解説
Microsoft Windows には、ウィンドウやグラフィックなどを管理する Win32k カーネルモードドライバ (Win32k.sys) が実装されています。

Microsoft Windows の Win32k.sys には、ユーザモードからカーネルモードに渡されるデータの取り扱いに不備が存在するため、SendMessageCallback などの非同期メッセージ関数を介して不正なデータを含む特定のメッセージを引き渡された場合、Null ポインタデリファレンスが発生する脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することでシステムにアクセス可能なローカルの攻撃者は、ブルースクリーン (BSOD) を発生させ、結果としてシステムをサービス不能状態にする、あるいは権限昇格を行い、カーネルモードの権限で任意のコードを実行する可能性があります。

この脆弱性を攻撃者に悪用された場合、32-bit 環境では任意のコード実行が可能だが、64-bit または Itanium 環境ではシステムがサービス不能状態に陥るのみであることが、Microsoft より報告されています。


5.対策
有料版掲載項目

6.ソースコード
有料版掲載項目

(執筆:株式会社ラック コンピュータセキュリティ研究所

有料会員制メールマガジン 国内唯一のエクスプロイト研究誌 Scan Tech Report
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×