Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバに起因する Null ポインタデリファレンスの脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバに起因する Null ポインタデリファレンスの脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
Microsoft Windows の Win32k カーネルモードドライバに Null ポインタデリファレンスが発生する脆弱性が報告されました。

システムにアクセス可能なローカルの悪意あるユーザに利用された場合、ブルースクリーンを発生させ、システムを不正に停止される、あるいは管理者権限を取得され、本来許可されていない操作が実行される可能性があります。

脆弱性を悪用された場合の影響度が高いため、対象のユーザは可能な限り以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
7.2
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2011-1985&vector=%28AV%3AL/AC%3AL/Au%3AN/C%3AC/I%3AC/A%3AC%29


3.影響を受けるソフトウェア
サポートされる全ての Microsoft Windows OS


4.解説
Microsoft Windows には、ウィンドウやグラフィックなどを管理する Win32k カーネルモードドライバ (Win32k.sys) が実装されています。

Microsoft Windows の Win32k.sys には、ユーザモードからカーネルモードに渡されるデータの取り扱いに不備が存在するため、SendMessageCallback などの非同期メッセージ関数を介して不正なデータを含む特定のメッセージを引き渡された場合、Null ポインタデリファレンスが発生する脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することでシステムにアクセス可能なローカルの攻撃者は、ブルースクリーン (BSOD) を発生させ、結果としてシステムをサービス不能状態にする、あるいは権限昇格を行い、カーネルモードの権限で任意のコードを実行する可能性があります。

この脆弱性を攻撃者に悪用された場合、32-bit 環境では任意のコード実行が可能だが、64-bit または Itanium 環境ではシステムがサービス不能状態に陥るのみであることが、Microsoft より報告されています。


5.対策
有料版掲載項目

6.ソースコード
有料版掲載項目

(執筆:株式会社ラック コンピュータセキュリティ研究所

有料会員制メールマガジン 国内唯一のエクスプロイト研究誌 Scan Tech Report
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×