「EC-CUBE」に個人情報漏えいの脆弱性、ユーザにアップデートを呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

「EC-CUBE」に個人情報漏えいの脆弱性、ユーザにアップデートを呼びかけ(IPA)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月14日、株式会社ロックオンが提供するオープンソースのショッピングサイト構築システム「EC-CUBE」の脆弱性について注意喚起を発表した。EC-CUBEには、データベースを操作する際の処理の問題が原因で、SQLインジェクションの脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると、EC-CUBEに保存されている個人情報が悪意あるユーザに漏えいしてしまう可能性がある。

IPAでは対策方法として「開発者が提供する修正済みバージョンに更新する」こととしており、バージョンアップを呼びかけている。なお、本脆弱性の深刻度は「II(警告)」、CVSS基本値の評価では攻撃区分「ネットワーク」、攻撃条件の複雑さ「低」、攻撃前の認証要否「不要」、機密性への影響「部分的」、完全性への影響「なし」、可用性への影響「なし」としている。
(吉澤亨史)

http://www.ipa.go.jp/about/press/20111014.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×