Apache Serverの新たな脆弱性などを報告--脅威動向レポート(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

Apache Serverの新たな脆弱性などを報告--脅威動向レポート(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は10月12日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、新しいApache KillerツールがApache Serverの脆弱性攻撃に使用されていることを明らかにしている。今回報告されたApache Serverの脆弱性は、旧バ

脆弱性と脅威
フォーティネットジャパン株式会社は10月12日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、新しいApache KillerツールがApache Serverの脆弱性攻撃に使用されていることを明らかにしている。今回報告されたApache Serverの脆弱性は、旧バージョンのApacheを実行しているWebホストに対してDoS攻撃を仕掛けるのに使われている可能性がある。Apacheはすでにこの欠陥を修正しており、ユーザに対して直ちにApache 2.2.20にアップグレードするように勧めている。

またレポートでは、Operation Occupy Wall Streetと呼ばれる米ウォールストリートで活動する草の根の反体制運動グループが7月初めに結成され注目されているが、8月の終わりにハッカー集団であるAnonymousからサイバー攻撃の協力を受けたことを取り上げている。9月後半のマルウェアのトップ10は、スパムメールの添付ファイルや悪意のあるリンクを通して広まったマルウェアが大半を占めた。不正なメールのほとんどは、PDF/Wordドキュメント、請求書、領収書、PayPal通知、圧縮ドキュメントなど、なんらかの感染した添付ファイルを含んでいたという。正規のものに見えるアイコンでマルウェアの実行アイコンを偽装するという方法も確認された。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/press_releases/111012-threatlandscape.html
《ScanNetSecurity》

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  3. Samba の SWAT における CSRF および XSS の脆弱性(Scan Tech Report)

    Samba の SWAT における CSRF および XSS の脆弱性(Scan Tech Report)

  4. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  5. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

  6. TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

  7. SAPジャパンのなりすましサイトに注意を呼びかけ

  8. 観光庁が注意喚起、Booking.com 利用者へのフィッシング被害

  9. GROWI に複数の脆弱性

  10. CrowdStrike Blog:SolarWinds社の Serv-U の脆弱性を狙う攻撃 ~ Falcon Complete が即座に対処、GRACEFUL SPIDER を阻止

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×