「標的型攻撃メール」のテクニックや対策をまとめたレポートを公開(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

「標的型攻撃メール」のテクニックや対策をまとめたレポートを公開(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月3日、情報窃取を目的として特定の組織や個人に送られる「標的型攻撃メール」について、メール受信者をだますテクニックとIPAに届けられた標的型攻撃メールの分析結果を紹介するとともに、標的型攻撃の被害に遭わないための対策をまとめ、技術レポート(IPA テクニカルウォッチ 第4回)として公開した。

レポートでは、IPAが実際に受信した標的型攻撃メールや、IPAに届出・相談のあった標的型攻撃メール事例から、Webなどで公表されている情報を加工して、メール本文や添付ファイルを作成した事例や、組織内の業務連絡メールを加工して、メール本文や添付ファイルを作成した事例、不正なサイトへのリンクをメール本文に記載した事例、日常会話的なメールを数回繰り返してメール受信者の警戒心を和らげた事例の4つを紹介。また、運用管理面での対策5項目と技術面での対策5項目を提案している。
(吉澤亨史)

http://www.ipa.go.jp/about/technicalwatch/20111003.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×