3月に発生した韓国政府機関等に対するサイバー攻撃への対応について発表(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

3月に発生した韓国政府機関等に対するサイバー攻撃への対応について発表(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は9月22日、本年3月に発生した韓国政府機関などに対するサイバー攻撃への対応について発表した。これは3月3日から5日にかけて、韓国の政府機関など40のWebサーバに対しサイバー攻撃(DDoS攻撃)が行われ、一部のWebサイトの閲覧に支障が生じたもの。韓国当局は所要の捜査の結果、2009年7月に発生した米韓サイバー攻撃事案と同一犯(北朝鮮)による犯行と発表している。

警察庁では韓国当局と連携し、攻撃元の捜査を実施した。具体的には、攻撃指令サーバとみられる4つのIPアドレスについて、日本所在のものとして韓国当局からICPOを通じ捜査協力要請があったことに対し、警察が所要の捜査を行った結果、3台のコンピュータが攻撃の踏み台となっていた可能性が高いことが判明。うち2台からは、外部のIPアドレスと不審な通信を行う不正プログラムが検出された。1台は、個人が家庭用に使用していたPCが何者かに攻撃指令サーバとして仕立てられ、サイバー攻撃を敢行していたとみられる。また警察庁は韓国当局との協議の結果、国境を越えて敢行されるサイバー攻撃への対応については、海外の捜査機関との連携が不可欠であり、攻撃者の追及に係る緊密な捜査協力など、連携を強化することで合意している。
(吉澤亨史)

http://www.npa.go.jp/keibi/biki3/230922kouhou.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×