Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート公開、6種類の脆弱性に対応(アドビ) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート公開、6種類の脆弱性に対応(アドビ)

Adobe Systems(アドビ)は9月21日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB11-26)を公開した。本アップデートは、Windows、Macintosh、Linux、Solaris版のAdobe Flash Player 10.3.183.7およびそれ以前、Android版のAdobe Flash Player

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Adobe Systems(アドビ)は9月21日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB11-26)を公開した。本アップデートは、Windows、Macintosh、Linux、Solaris版のAdobe Flash Player 10.3.183.7およびそれ以前、Android版のAdobe Flash Player 10.3.186.6およびそれ以前を対象とするもの。

対象となるバージョンのAdobe Flash Playerには、クロスサイトスクリプティングをはじめとする6種類の脆弱性(CVE-2011-2426、CVE-2011-2427、CVE-2011-2428、CVE-2011-2429、CVE-2011-2430、CVE-2011-2444)が存在し、今回のアップデートにより解消される。対応バージョンは、Windows、Macintosh、Linux、Solaris版のAdobe Flash Player 10.3.183.10、Android版のAdobe Flash Player 10.3.186.7となり、該当するユーザにアップデートを呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb11-26.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×