偽セキュリティソフトのローダーがマルウェア攻撃の58%を占める(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

偽セキュリティソフトのローダーがマルウェア攻撃の58%を占める(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は9月15日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、偽装アンチウイルスローダーである「W32/FraudLoad.OR」が今調査期間で追跡されたマルウェア攻撃の58%に上ることを報告している。こういったウイ

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は9月15日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、偽装アンチウイルスローダーである「W32/FraudLoad.OR」が今調査期間で追跡されたマルウェア攻撃の58%に上ることを報告している。こういったウイルスローダーがスパムボットなどのマルウェアを同時にダウンロードすることは、すでに一般的になっているとしている。

「W32/FraudLoad.OR」に次いでアクティブだったマルウェアは、新しく発見されたZeusボットネットの亜種であった。これは、5月にZeusのソースコードが暴かれ情報が流出したことを考えると当然としている。さらに今調査期間において、「W32/Yakes」ボットネットローダーおよび4つの亜種は、以前からある主要なクレジットカード会社のメールテンプレートを使用し、スパムメールを通して拡散していることが確認された。このスパムメールは「Credit card is blocked(クレジットカードが使用禁止になりました)」という件名で、本文には「受信者のクレジットカードが違法操作に巻き込まれて無効にさせられた」とあり、詳細説明の添付ファイルをクリックすると「W32/Yakes」がインストールされる。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/press_releases/110915.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×