偽セキュリティソフトのローダーがマルウェア攻撃の58%を占める(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

偽セキュリティソフトのローダーがマルウェア攻撃の58%を占める(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は9月15日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、偽装アンチウイルスローダーである「W32/FraudLoad.OR」が今調査期間で追跡されたマルウェア攻撃の58%に上ることを報告している。こういったウイ

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は9月15日、米Fortinetによる脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートでは、偽装アンチウイルスローダーである「W32/FraudLoad.OR」が今調査期間で追跡されたマルウェア攻撃の58%に上ることを報告している。こういったウイルスローダーがスパムボットなどのマルウェアを同時にダウンロードすることは、すでに一般的になっているとしている。

「W32/FraudLoad.OR」に次いでアクティブだったマルウェアは、新しく発見されたZeusボットネットの亜種であった。これは、5月にZeusのソースコードが暴かれ情報が流出したことを考えると当然としている。さらに今調査期間において、「W32/Yakes」ボットネットローダーおよび4つの亜種は、以前からある主要なクレジットカード会社のメールテンプレートを使用し、スパムメールを通して拡散していることが確認された。このスパムメールは「Credit card is blocked(クレジットカードが使用禁止になりました)」という件名で、本文には「受信者のクレジットカードが違法操作に巻き込まれて無効にさせられた」とあり、詳細説明の添付ファイルをクリックすると「W32/Yakes」がインストールされる。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/press_releases/110915.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×