OCNを騙る日本語フィッシングサイトを確認、類似サイト公開の恐れも(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

OCNを騙る日本語フィッシングサイトを確認、類似サイト公開の恐れも(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は8月24日、「OCN メール」のフィッシングサイトの報告があったとして詳細を発表した。このサイトはOCNを騙るもので、OCNメールの日本語サイトとほぼ同一の見かけとなっている。確認されたURLは
http://singsingtom.2.●●●.●●●●.cn/kz/ocn.ne.jp/
http://mail.ocn.ne.jp.●●●●●●.us/kz/ocn.ne.jp/
となっているが、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼し、8月24日17時20分にフィッシングサイトの停止を確認している。

同協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあることから、このようなフィッシングサイトで個人情報(ログインIDやパスワード)を入力しないよう注意を呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://www.antiphishing.jp/news/alert/ocn2011824.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×