ネットバンキングを狙うAndroidトロイの木馬を検出--月例レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

ネットバンキングを狙うAndroidトロイの木馬を検出--月例レポート(カスペルスキー)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は8月18日、ロシアKasperskyが8月9日に公開したリリースの抄訳として、2011年7月度のマンスリーレポートを発表した。レポートでは、7月はモバイル向けスパイウェア型トロイの木馬「ZitMo」の新しい亜種が検知された。ZitMoは銀行取引時にSMSで送られるワンタイムパスワード「mTANコード」を詐取する目的で設計されているもので、ついにAndroidで動作するものが加わった。

また7月は、Googleが「.co.cc」ドメイン下の1,100万超にも及ぶURLを検索結果から除外する処置を行った。この遮断されたドメインは世界中で広く使われており、ドメインの登録数は「.com」「.de」「.net」に続く4番目の規模で、偽セキュリティ対策ソフトの配布やドライブバイダウンロード攻撃に使用されていた。ブラジルでは、マイレージプログラムサービスで獲得した「マイレージポイント」を狙うフィッシング詐欺が確認されている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582739
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×