ネットバンキングを狙うAndroidトロイの木馬を検出--月例レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

ネットバンキングを狙うAndroidトロイの木馬を検出--月例レポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は8月18日、ロシアKasperskyが8月9日に公開したリリースの抄訳として、2011年7月度のマンスリーレポートを発表した。レポートでは、7月はモバイル向けスパイウェア型トロイの木馬「ZitMo」の新しい亜種が検知された。Zit

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は8月18日、ロシアKasperskyが8月9日に公開したリリースの抄訳として、2011年7月度のマンスリーレポートを発表した。レポートでは、7月はモバイル向けスパイウェア型トロイの木馬「ZitMo」の新しい亜種が検知された。ZitMoは銀行取引時にSMSで送られるワンタイムパスワード「mTANコード」を詐取する目的で設計されているもので、ついにAndroidで動作するものが加わった。

また7月は、Googleが「.co.cc」ドメイン下の1,100万超にも及ぶURLを検索結果から除外する処置を行った。この遮断されたドメインは世界中で広く使われており、ドメインの登録数は「.com」「.de」「.net」に続く4番目の規模で、偽セキュリティ対策ソフトの配布やドライブバイダウンロード攻撃に使用されていた。ブラジルでは、マイレージプログラムサービスで獲得した「マイレージポイント」を狙うフィッシング詐欺が確認されている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582739
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×