「Counter-Strike」を悪用するマルウェア感染手法を検出(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

「Counter-Strike」を悪用するマルウェア感染手法を検出(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は8月10日、「Counter-Strike 1.6」のプレーヤを狙ったマルウェア感染の新たな手法を検出したと発表した。攻撃者グループはCounter-Strikeのゲームサーバをセットアップし、トロイの木馬「Win32.HLLW.HLProxy」を配信する。これは、ユーザがゲームサーバに接続した際に表示されるMOTDウエルカムスクリーンを通して送り込まれる。

これによりユーザのコンピュータにプロキシサーバが導入され、ひとつのIPアドレスを持つ複数のゲームサーバが感染したコンピュータ上で動作するようになる。また、ゲームサーバおよびVALVEのサーバにDDoS攻撃を行うことも可能で、多くのサーバが使用できなくなる場合もある。犯罪者の目的のひとつは、ゲームサーバへの迷惑なDDoS攻撃に加え、感染者を増やしてゲームサーバのオーナーから金銭をせしめることかもしれないという。
(吉澤亨史)

http://news.drweb.co.jp/show/?i=430&lng=ja&c=2
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×