韓国スター好きはAKB48好きよりウイルス感染率が高い?--Web調査(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

韓国スター好きはAKB48好きよりウイルス感染率が高い?--Web調査(カスペルスキー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社 Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は8月11日、同社が現在展開している「AKB48 カスペルスキー研究所」において、アンドロイド携帯に関するセキュリティ意識について全国の10代から60代までの男女40,000人を対象に実施したインターネット調査の結果を発表した。調査結果によると、Android端末を狙うウイルスを認知している携帯電話ユーザは52%、スマートフォンユーザでは60%にのぼった。また、90%以上がAndroid端末のセキュリティ対策の必要性を感じていた。実際に対策を行っているAndroidユーザは約6割で、39%がウイルス対策ソフトをインストールしていた。

また、Android端末のセキュリティ意識が高いユーザと低いユーザで比較すると、セキュリティ意識の高い男性は低い男性に比べ、自らを「上司から一目置かれている」と感じており「現実主義」で「異性の友達が少ない」「草食系」と考えている割合が高かった。一方、Android端末のセキュリティ意識が低い女性は、高い女性に比べて自らを「草食系ではない」と思っており、イケメン俳優にあまり関心を示さないという調査結果が出た。今回の一連の調査結果から、Android端末を狙うウイルスに感染する危険性があるのは「韓国スター好き」、もっとも危険性が低いのは「AKB48好き」であるとしている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582736
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582737
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2016年の企業のセキュリティインシデント年間被害額は2億3千万円(トレンドマイクロ)

    2016年の企業のセキュリティインシデント年間被害額は2億3千万円(トレンドマイクロ)

  2. セキュリティ管理は抵抗ユーザ & 無理解経営層の板ばさみ - 全国情シス調査

    セキュリティ管理は抵抗ユーザ & 無理解経営層の板ばさみ - 全国情シス調査

  3. ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、198カ国、約25万件を観測(横浜国立大学、BBソフトサービス)

    ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、198カ国、約25万件を観測(横浜国立大学、BBソフトサービス)

  4. CTIを活用していれば、2011年からの防衛関連企業へのサイバー攻撃は防げた(ラック)

  5. エクスプロイトパッケージの公開により、サイバー脅威の状況が大きく変化(カスペルスキー)

  6. SSL証明書を入れない3大理由「費用高い」「メリットわからない」「必要なサイトでない」(フィッシング対策協議会)

  7. パフォーマンスを最も低下させるアプリはSamsung製アプリがトップに(Avast)

  8. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  9. Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

  10. 平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×