osCommerceに大規模なIFRAMEインジェクション攻撃、注意喚起を発表(Armorize Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

osCommerceに大規模なIFRAMEインジェクション攻撃、注意喚起を発表(Armorize Technologies)

脆弱性と脅威 脅威動向

米Armorize Technologies社は7月25日(現地時間)、osCommerceによりオンラインショッピングを提供しているサイトに対する大規模なIFRAMEインジェクション攻撃が発生しているとして、同社ブログで注意喚起を発表した。すでに90,000以上のドメインで感染が確認されており、日本のサイトも含まれているという。この攻撃は、Java Trust(CVE-2010-0840)、PDF LibTiff(CVE-2010-0188)、Java SMB(CVE-2010-0886)、IE MDAC(CVE-2006-0003)、HCP(CVE-2010-1885)の脆弱性を悪用しており、アクセスするとwillysy.comにリダイレクトされる。転送先でマルウェアに感染する危険性もあるため、Googleの検索結果を含めアクセスには注意するよう呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://www.armorize.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×