osCommerceに大規模なIFRAMEインジェクション攻撃、注意喚起を発表(Armorize Technologies) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

osCommerceに大規模なIFRAMEインジェクション攻撃、注意喚起を発表(Armorize Technologies)

米Armorize Technologies社は7月25日(現地時間)、osCommerceによりオンラインショッピングを提供しているサイトに対する大規模なIFRAMEインジェクション攻撃が発生しているとして、同社ブログで注意喚起を発表した。すでに90,000以上のドメインで感染が確認されており

脆弱性と脅威 脅威動向
米Armorize Technologies社は7月25日(現地時間)、osCommerceによりオンラインショッピングを提供しているサイトに対する大規模なIFRAMEインジェクション攻撃が発生しているとして、同社ブログで注意喚起を発表した。すでに90,000以上のドメインで感染が確認されており、日本のサイトも含まれているという。この攻撃は、Java Trust(CVE-2010-0840)、PDF LibTiff(CVE-2010-0188)、Java SMB(CVE-2010-0886)、IE MDAC(CVE-2006-0003)、HCP(CVE-2010-1885)の脆弱性を悪用しており、アクセスするとwillysy.comにリダイレクトされる。転送先でマルウェアに感染する危険性もあるため、Googleの検索結果を含めアクセスには注意するよう呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://www.armorize.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×