日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去を攻撃に悪用--月例レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去を攻撃に悪用--月例レポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月7日、2011年3月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、3月は日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去が悪意あるWebサイトへのリンクに悪用された。ニュースへのリンクやビデオクリップ

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月7日、2011年3月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、3月は日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去が悪意あるWebサイトへのリンクに悪用された。ニュースへのリンクやビデオクリップのダウンロードに見せかけたものが数多く確認され、特にTwitterを活用するケースは当日から出回った。

Javaエクスプロイトがエクスプロイト全体に占める割合は約14%で、依然として重要な位置を占めている。ランキングには「CVE-2010-0840」を悪用するエクスプロイトが3種類ランクインした。Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2011-0609)も翌日にはエクスプロイトを検知されている。また犯罪者は悪意あるWebサイトを検知されないために<textarea>タグやページの暗号化などを行っており、検知が困難になっている。このほか、大規模ボットネット「Rustock」の閉鎖やAndroid Market上の正規のアプリケーションを装ったAndroid向けマルウェアの発見などを3月のトピックとして挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582700
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×