日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去を攻撃に悪用--月例レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去を攻撃に悪用--月例レポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月7日、2011年3月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、3月は日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去が悪意あるWebサイトへのリンクに悪用された。ニュースへのリンクやビデオクリップ

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は4月7日、2011年3月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートによると、3月は日本の大震災とエリザベス・テイラーの死去が悪意あるWebサイトへのリンクに悪用された。ニュースへのリンクやビデオクリップのダウンロードに見せかけたものが数多く確認され、特にTwitterを活用するケースは当日から出回った。

Javaエクスプロイトがエクスプロイト全体に占める割合は約14%で、依然として重要な位置を占めている。ランキングには「CVE-2010-0840」を悪用するエクスプロイトが3種類ランクインした。Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2011-0609)も翌日にはエクスプロイトを検知されている。また犯罪者は悪意あるWebサイトを検知されないために<textarea>タグやページの暗号化などを行っており、検知が困難になっている。このほか、大規模ボットネット「Rustock」の閉鎖やAndroid Market上の正規のアプリケーションを装ったAndroid向けマルウェアの発見などを3月のトピックとして挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582700
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×