スパムの基礎から最新動向、FFIEC補足文書、SpyEye更新--AFCCニュース(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

スパムの基礎から最新動向、FFIEC補足文書、SpyEye更新--AFCCニュース(RSAセキュリティ)

脆弱性と脅威 脅威動向

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部(RSAセキュリティ)は7月25日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.48」を発行した。本号では「スパムとマルウェア~今さら訊けない基礎から最新動向まで~」「連邦金融機関検査協議会、新たなインターネットバンキングのリスクガイダンスを発表」「トロイの木馬『SpyEye』、新たに2つのプラグインを実装」という3つの特集を掲載している。第1特集では、スパムの基礎知識から統計情報、スパムサービス、マルウェア拡散スパムのトレンドなどを紹介しており、第2特集では連邦金融機関検査協議会(FFIEC)が先日発行した「インターネットバンキング環境に関するガイダンスレターの認証に関する補足的文書」について紹介、第3特集ではSpyEyeのアップデートで追加された機能について紹介している。

6月のフィッシング攻撃総数は22,516件と前月よりは減少したものの、依然として高い水準となっている。今回も攻撃手法の占める比率はおおむね変化がなく、Webサイトのハイジャックが81%を占めた。商用ホスティングサービス、無料ホスティングサービス、コンピュータのハイジャックは、むしろ5月に比べて比率を下げた。フィッシング攻撃を受けたブランド数も攻撃数と連動するように7%減少している。ただし、前年同月の結果と比較すると62%も増加している。一方で、6月に初めて攻撃を受けたブランドは8件と4月の水準に戻っている。なお、昨年同時期では月間20件から25件の間で推移していた。
(吉澤亨史)

http://japan.rsa.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×