台湾のハッカーイベントのCTFで日本人が2位に(HIT2011) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

台湾のハッカーイベントのCTFで日本人が2位に(HIT2011)

台湾で開催されている「HIT2011」(Hacks in Taiwan Conference)のCTF「Wargame」において、日本人であるmurachue氏が2位の成績を収めた。本カンファレンスは、1996年に台湾の学生によるコミュニティ「Hackers in Taiwan」をベースに2005年から開催されているBlackHatラ

製品・サービス・業界動向 業界動向
台湾で開催されている「HIT2011」(Hacks in Taiwan Conference)のCTF「Wargame」において、日本人であるmurachue氏が2位の成績を収めた。本カンファレンスは、1996年に台湾の学生によるコミュニティ「Hackers in Taiwan」をベースに2005年から開催されているBlackHatライクなハッカーイベント。Wargameは、主催者側が用意したコンピュータシステムへの攻撃を成功させることを競うもので、250グループ(あるいは個人)が参加した。

murachue氏は受賞スピーチで「問題を解いていたらいつの間にか2位になってた」と述べている。1位のチームは10名ほどの団体チームだったが、murachue氏は個人で参加したという。

またHIT2011では、日本人スピーカーが3人登壇したほか、日本のセキュリティコミュニティAVTOKYOのリーダーである tessy氏が東日本大震災の際の支援の感謝を伝えるスピーチを行った。

なお、日本人女性が「HIT2011 第一屆 駭客創意變裝大賽」で、「The Most Beautiful Hacker」を受賞している。
(吉澤亨史)

http://hitcon.org/hit2011/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×